OA機器を借りる際に選ぶべき代理店とは

重要!OA機器の代理店の選び方

>

自社に最適なOA機器の代理店を選ぶために

各代理店の特徴

一口に代理店と言っても大手や中小、それ以外の要素で特徴が変わってきます。
・大手の代理店
大手は機器を一括購入して仕入れ値を押さえているので、そのぶん導入コストを抑えることができます。
ただ、サポートやアドバイザーなどの人員にかかる費用は高めに設定されている場合があり、結果的にトータルでは割高になる点も留意しておきましょう。
・中小の代理店
中小の場合、導入コストでは大手にかなわないことがほとんどなので、サポート面やフットワークの軽さを売りにしている代理店が多い傾向にあります。
例えば大手だと後日に回されるような問題でも中小の場合は即座に対応してくれることも珍しくありません。
・特定のメーカーに強い代理店
代理店の中には特定のメーカーの製品ばかり取り扱っているところもあります。
このような代理店はメーカーとの結びつきも強く、製品も熟知しているので導入したい機器のメーカーと一致しているのならお勧めです。

自社に合った代理店を選ぶ

代理店の規模や得意分野によってそれぞれ特徴が違いますので、自社に合った代理店を選ぶことが肝要です。
導入するOA機器に対して一定以上の知識があるのならば導入コストを低く抑えられる大手の代理店が適しているでしょう。
逆に機器に対する知識に不安がある場合は、導入コストは高めでも、サポート面でメリットの多い中小の代理店がベターです。
また、大手中小の規模に関わらず、導入したい機器と代理店が得意なメーカーが合致した場合、特定のメーカーが強い代理店を選ぶと高い満足度が得られるはずです。
また、メンテナンスをする際にメーカーに任せるか代理店で引き受けるかも意外に重要になってきます。
だいたいの場合、メーカーに任せた方が高コスト高品質のサービスで、代理店で引き受けているところは当たり外れが大きい傾向にあるため、安定したメンテナンスを受けたいのであればメーカーがに任せている代理店を選んだ方が良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる