糖尿病による勃起不全を治療する注意点

糖尿病が勃起不全の原因になることは広く知られていますが、糖尿病による勃起不全にもメガリスのようなED治療薬が効果的なのをご存知でしょうか。
勃起不全は、性的刺激を受けて脳から勃起するように信号が出ます。
それによって、陰茎の海綿体に血液が送り込まれて勃起するという正常な流れが、何らかの原因によって阻害される事によって引き起こされます。
糖尿病になると、まず神経が傷つけられる神経障害が起こり、それによって勃起するための信号を送るのを阻まれます。
また、血管がボロボロに傷つく血管障害が陰茎でも起こるために、血液が海綿体に上手く送られません。
そのため、糖尿病になった多くの人が勃起不全になってしまうのです。

 

ですから、勃起不全の症状が現れた時は、念のため糖尿病になっていないか確認しておくといいでしょう。
ED治療薬シアリスのジェネリックであるメガリスは、主成分タダラフィルの効能により、陰茎の血管平滑筋を緩め海綿体への血流量を増やせますから、初期の糖尿病の場合は効果的に勃起を助ける事ができます。
しかし、気をつけなければならないのは、糖尿病が進行すると高血圧も併発する事も多く、それらの治療で血圧に作用する薬を服用している方はED治療薬が併用できません。
ですが、生活習慣の改善やサプリメントの使用、体質改善などでも勃起力を取り戻せる事がありますし、それらは高血圧改善にも効果的ですから、高血圧の薬が必要なくなればメガリスの使用も可能になるでしょう。
しかも、ED治療薬は動脈硬化の予防にも繋がり、血管を若返らせる薬と言われています。
使い方によっては勃起の助けになるだけではなく健康のためにもなるのです。

 

また、糖尿病によって勃起不全になってしまうという思い込みによって心因性の勃起不全を発症させてしまうことがありますが、そんな時でもED治療薬が効果を発揮します。
シアリス系ジェネリックはバイアグラなどと比べると服用がとても簡単で、食事や飲酒を気にせず服用できますし、効き目は最大36時間程度と長時間効きますので飲むタイミングも気にする必要がありません。
穏やかで長時間効くため薬に頼っている感覚も少なく、自分の力で勃起しているという感覚を得る事によって自信の回復に繋がりやすいと言えるでしょう。

 

メガリスを効果的に使うには、正しい服用方法を知る事も大切です。
一日10〜20mgを性行為の1〜2時間前、食事の30分前か食後2時間以上空けた空腹時に水などで服用すれば最大限の効果を得られます。
食事やアルコールの影響を受けにくいとは言うものの、三大ED治療薬の中では穏やかな効き目だと言われていますから、なるべく強い勃起力が欲しい時や、長時間効いてほしい時は服用方法に気をつける必要があります。
糖尿病の他にも心臓病や肝機能障害など持病を持っている方は、利用する前に医師に相談しましょう。
メガリスは病院では処方できず、購入方法は個人輸入になりますから、購入時は安心できる代行サイトを利用する事も大切です。