メガリスもって長時間デートを楽しもう

1998年にアメリカファイザー社がバイアグラを発表しました。
これはセンセーショナルな出来事でした。
今まで不可能であるといわれていた事柄が、現実に実現したからなのです。
これまで精力剤はありましたが、EDに対して何らかの効果が期待できる薬というものはこの世にありませんでした。
だからアメリカだけでなく、情報の届いた地区ではバイアグラ争奪の社会現象すら起きかねない勢いでした。
それくらい、ED問題というのは深刻な問題でありました。

 

バイアグラの後に、レピトラそしてシアリスが続いて発表されて、ED治療薬はフルラインナップが揃うことになるのです。

 

人間というのは勝手なもので、バイアグラが世に出てきたときは、拍手喝采で迎えた人たちが、しばらくすると追加の要望を口にするようになります。
バイアグラは、服用時に食事、飲酒をすると効果が落ちるのでやや使いづらい事があったのです。
また、効果の持続時間がわずか数時間なので、女性とのやり取りで多少服用のタイミングに気をつかわなければならないという事も言われてきました。
これらのユーザーの要望を盛り込んで開発されていったのが、レピトラやシアリスになります。
そして、少し遅れてこれらのジェネリック医薬品も開発されて一般に手に入るようになりました。
特に、シアリスのジェネリック医薬品であるメガリスはたいそう人気があり、重宝されています。

 

上記でも書きましたが、バイアグラの効能時間が服用して3時間あまりなので、女性とのデートの時、タイムコントロールに非常に気を使わなければならず、ここを改善するために開発が進められました。
個人差はありますが、だいたい24時間から36時間という長いスパンで臨戦状態を保てるので、非常にリラックスした状態で女性と逢瀬を楽しむことが可能になります。
金曜日のデートのまえに服用したら、その日のお泊りはもちろん、次の日の朝、昼ともに男としてのプライドをしっかりと維持することが出来るのです。

 

 

基本的に、女性とのSEXの前に男性性器勃起薬を服用することを宣言する男性はいません。
だから、シアリス及びそのジェネリックのメガリスの効能時間が長いことはとても重宝されるのです。
シアリスのほうは日本の薬事法で薬として認定されていますがメガリスのほうは、そうではありません。

 

その為、個人輸入代行業者に依頼して外国から取り寄せる方法で手に入れることができます。

 

大体ですが、シアリスを日本の医療機関で入手すると,200円程度で、個人輸入代行業者経由だと2,300円台ということになります。
またジェネリックであるメガリスは1錠あたり250円〜280円となり、1/10程度の金額で入手できるのです。
効能的にはシアリスとメガリスはほとんど同一で、破格の費用で手に入るのがジェネリック医薬品の凄いところです。
ただジェネリック薬品にはまがい物が出回っているのも事実です。

 

また効果に関しては個人差があるのでクレイムになりにくいこともあります。
その為、信頼できる実績のある個人輸入代行業者に取り寄せを依頼することが肝要になります。