メガリスを格安で手に入れるためには

現在流通しているED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、そしてシリアスの3つがあります。
ED治療薬というとバイアグラの知名度が圧倒的ですが、じつは現在のシェアではシリアスとそのジェネリックがナンバーワンとなっています。
なぜシリアスが人気があるかというと、一番後発の医薬品ということもあり、先発のバイアグラやレビトラの欠点を解消しているからです。
実はバイアグラやレビトラは、その効果が食事によって大きく左右されるという欠点がありました。
ですから、服用は空腹の時が推奨され、満腹状態で服用をしても効果が出にくいことがあったのです。

 

そこでシリアスはバイアグラやレビトラと比べて効果の出方を緩やかにすることで効果持続時間を長時間化させて欠点を解消することに成功しました。
バイアグラやレビトラは服用から1時間以内に効果が出て、その効果が5時間ほど持続する即効性のED治療薬ですが、一方でシリアスやそのジェネリックであるメガリスは服用してから効果が出るまでに3時間ほどかかるものの、その効果が36時間も持続します。
ですから、食事のタイミングなどを気にせずにいつでも服用することができるのです。
効果の出方が緩やかであるということは、重篤な副作用が出にくいということにもなります。

 

ED治療薬は血管を拡げることから、血流が促進されて顔がほてったり頭痛がしたりといった副作用が出やすいのですが、メガリスではそのような症状が出にくく、副作用を感じるのは3割程度です。
一方でバイアグラやレビトラでは、このような軽度の副作用が8割以上の人に起こるので、その差は明確です。
メガリスは有効成分タダラフィルを主成分とするED治療薬です。

 

血管は平滑筋という筋肉の緊張と弛緩によって血流をコントロールしていて、性的な興奮が生じると脳は陰茎周辺の平滑筋に筋肉を弛緩させるように命令を出します。
しかし、勃起不全の人はこの脳からの命令がうまく伝達されず、血管が拡がならないために勃起が起こりにくくなってしまうのです。

 

タダラフィルは酵素PDE5を阻害する働きを持つ成分であり、PDE5は血管を収縮させる作用を持つ酵素です。
体内でPDE5が活性化している状態では血管が収縮し勃起が起こりにくくなりますが、タダラフィルを摂取することでPDE5の活性を阻害して血管を拡げて勃起を促すのです。
さて、シリアスは日本国内でも承認されているので購入することができますが、保険が適用されないことから値段的にどうしても高めになってしまいます。
 病院にもよりますが、1錠で1500円から2000円といったところが相場です。一方、メガリスは主成分がシリアスと同じでありながら、その値段はシリアスの10分の1程度です。

 

このような値段を見ると誰もが欲しくなりますが、残念ながらメガリスは日本国内で承認されていないため購入することができません。
ただし、海外からの個人輸入を利用することで合法的に手に入れることは可能です。
代行ショップのような個人輸入代行業者を利用することで難しい手続きが必要なく誰でも簡単に購入できるので、興味のある方は利用してみるとよいでしょう。